function foo()
{
}

2012年2月10日金曜日

iPhoneのPush

とりあえず、SandBox使用の場合

1) App IDではちゃんと開発用のPushの設定をしておく
2) Pushが使えるProvisioningで署名をする
3) 1. で取得した証明書とか秘密鍵でp12ファイルを作って、サーバーにおいておく

3を忘れてひどい目にあったので、めもめも。

0 件のコメント:

コメントを投稿